代表メッセージ・教師紹介

未来戸(みらいと)は公立学校教諭経験者たちによって設立され、不登校に理解の深い人材がそろっています。
未来戸(みらいと)では公立学校教諭経験者たちの学習アドヴァイザーたちと長期不登校から偏差値70台の高校に合格進学卒業し国立大学等大学院に進学したアシスタントアドヴァイザーたち(2名います。)があなたをフォローします。学習アドヴァイザーたちはあなたの学習状況を常に把握し目標に合わせて学習計画の作成や修正を行います。(私立高校入試を見据え、英数国3教科に休暇中は重点を置く事もあります。)同時に教科書から高校受験までの学習指導等を行うスタッフです。アシスタントアドヴァイザーたちはあなたが進学相談、進路相談等、相談できる、身近な相手です。
さらに未来戸(みらいと)では生徒から月に一度定期的にアンケートをとり一定の基準に満たない講師は降格とし、生徒から相談のあった講師は事実確認の上、常に対応し、講師の質を常に保つことをお約束いたします。

私たちは、子ども、生徒との共感的理解や、信頼関係を築くことを第一に努め確実に学力をつけていってもらいたいと考えています。
その為には、その場限りの形だけの指導や叱責ではなく、多角的、多面的な見方で、教育学、心理学などに基づいた専門知識を用いて、児童生徒一人ひとりに対して指導することを目標としています。
ひとつ例をあげるならば、集団と個人という2つの側面で生徒を理解していきたいと考えています。集団の内と外では、子どもの性格や心理というのは、大きく異なるからです。一人ではおとなしいのに、仲間に入るとやんちゃになる。といったような子どもに対し、その仲間内の人間関係や子どもの心理を無視して叱る事は無意味です。

なので、子どもの性格的な特徴だけでなく、生徒の交友関係等を、しっかりと理解させて頂いた上で、個に応じた対応をしていきたいと考えています。
その事は、子どもの自己有能感や自尊感情を育てていくのに役立つからです。結果的に学習のモチベーションを上げる事に繋がっていきます。
私たちは、不登校に関しては、やり直しのきく社会になって欲しいと強く思っています。


料金案内