不登校から普通に高校へ行きたいみなさんへ

何故、不登校はいけないと言われるのか?

それは、行きたい進学、就きたい仕事、就職に就けないからと、ソーシャルボンド(社会との絆、接点)がなくなるからです。人は、学校内外で、いい人や社会と接する事によって成長するからです。
しかし、行きたくないのに学校に無理矢理行ったり、行きたいのに行けなかったりというのでは違います。

そこで、未来戸(みらいと)という、もう一つの居場所があります。

未来戸(みらいと)では、公私立の在籍中学校での内申書を当教室に通って頂く事によって、全て取得できるようにします。でも、ただ、卒業出来ればいいという訳じゃなくて、よりよい高校への進学も目指されるべきだと私たちは考えます。行きたい高校への進学というのは、職業選択の幅が広がる事にもつながり、就きたい職業、自分のなりたい姿、自己実現へもつながっていきます。

そういった事は、社会の中で、やりがいを持って生きていけるようになり、社会的自立、経済的自立、という事へもつながっていきます。

全国には内申書不要の進学高校や例えば1教科につき5点のアドヴァンテージをつけたり別途面接を課す事で入学資格のある高校が存在します。又、中3の2学期の内申書があれば、学校によっては普通に私立高校受験ができます。

まず、中3の2学期の中間・期末テスト、高校受験に向けての対策を、アセスメント(個々に応じた年間学習計画を組み立てています)加えて、学習指導だけではなくて、心のケアも重きを置いています。その子の状況に合わせたカリキュラムも編成しますし、集団が苦手な子に対しては、個別の指導も別途行います。だから、学校とは違ってどんな子でも通えます。

さらに、自暴自棄にならず、自分で目標を立てて、計画を立てて、それを実行していくような、自己管理能力や、自己指導能力といったものを養いたいと思います。ここでいう、自己指導能力とは、自己実現を図っていく為の能力で、ひいては、社会の一員として、社会性や協調性を養っていく能力といえます。

こういった、未来戸(みらいと)の学習指導と心理ケアの2側面のアプローチから、みなさんの行きたい高校の進学に大幅に近づくと思います。そういった仕組みを利用すれば、ほとんど中学校に通っていなくても、レベルが高い、偏差値が高い高校に合格する事は可能なのです。そのよりよい高校に進学を達成する為にも、未来戸(みらいと)では、特に学習指導に力を入れています。

今は、不登校という状態は、非常に辛く、しんどいものですが、少しの勇気で未来戸(みらいと)を選んでいただけたら、最終的にはよりよい結果に行きつくであろうと、私たちは強く考えています。


不登校の原因

不登校の原因には非常に幅があります。

  • いじめ
  • 学習遅滞
  • 教師との不和
  • 保護者との関係
  • 中1ギャップ
  • 複合的要因

が主な原因とされています。

どの状況に当てはまるかによって、当然アプローチの仕方が変わってきます。
どういったアプローチをもっていくのか、そして、その途中経過をしっかりと保護者の方にお伝えし、理解を得た上で指導を行うことが大事だと考えています。

不登校の主な要因

又、不登校の主な要因は、

  • 内的 (心理的)要因
  • 環境的(仲間集団、家庭環境)要因
  • 人権軽視(人権意識の低さから、いじめている気はなく、ふとした事で言った事がいじめに当たる。)

です。

例えば、内的要因(精神不安、心理的不安、集団不安)の場合は、アプローチの仕方を変える。中1ギャップの場合は、小学校と中学校とは、根本的に違うので、規範とかになじめない子どもには、何故、ルールや校則を守るのか、その子に合わせて理解させ、説明を行います。


料金案内

未来戸ではただ話を聞くだけではなく具体的な解決に導かないといけないと思っています。
未来戸のカウンセリングでは、公立学校教諭経験者たち、心理カウンセラーたちが、まずお話をしっかりとお聞きいたします。
お聞きした内容をもとに不登校の要因を振り返り改善して頂く参考にして頂くためのアドヴァイスをさせて頂きます。

不登校から全日制高校へ合格して頂くための全ての情報と体制を持っており成功して頂くには、コミュニケーションに対する正しい考え方セルフエスティーム(自尊感情)の学習も必要不可欠だからだと考えるからです。

生徒・保護者の方へのカウンセリング料金

オプションといたしまして無料(時間応相談)

まずはしんどい気持ちで来られると思いますが、気軽にお越し下さい。