未来戸とは?

不登校中学生と内部進学をためらっている私立中学生を対象とする当教室の最終目標は、「よりよい進学」「社会的自立」です。
未来戸(みらいと)でも、学校同様、授業が大半の時間を占めます。
ただし、ソーシャルボンド(社会・人との絆、接点)というものを非常に大切に考えています。その為、生徒の人間関係や心の悩みを解決するための環境が整っています。
生徒が思い悩む時は、親身なカウンセリング対応が行えますし、何か人間関係のトラブルが起きた時は、スタッフが責任を持って問題解決を行います。というのは、ソーシャルボンド(社会・人との絆、接点)が希薄であればある程、社会に出ていく時に、非常に困難が生じる事が多く、今のうちから、ソーシャルボンド(社会・人との絆、接点)は大切だという感覚や意識を養っておく必要があるからです。
さらに未来戸(みらいと)では、こういった人間関係上の問題が解決され、個人の心の問題がケアされる事によって、それが学力向上にも繋がっていくと考えています。
ストレス等、学習がさまたげられる要素がなくなるからです。


当教室では、生徒、保護者の方との、面談や情報交換を通して、親身な連携ネットワークを作り、積極的に情報収集を行っていきます。

そういった、社会とのつながりを作っていくことは、ひいては、子どもたちの自己指導能力を育むことにつながります。
自己指導能力とは、自己実現を図っていく為の能力で、自己決定権や自己選択、ひいては集団や社会の一員として認められていく能力のことをいいます。つまり、自分の夢を実現させる能力です。それらが育まれる場所となる居場所を未来戸(みらいと)として提供としていきます。そしてこういった理念を実現させる為の未来戸(みらいと)の学習指導の特徴は以下のようになります。


分かる授業と主体的な学習態度を育てます。


光り輝いて翔いて行って欲しい。一生涯輝ける生き方を皆さんにして欲しい。

みんなには無限大の可能性がある。
将来を色んな道を開く。
その進路作りのお手伝いをします。


料金案内